世界のCNPから

くろるろぐ

小説

【小説】「豪雨」

「私がなんで怒っているか分かる?」 彼女はアイスコーヒーをスプーンでかき混ぜながら僕の目を覗き込んでいた。彼女が怒っているということにさえ僕は気づいていなかった。彼女はどんなときでも微笑んでいた。 「僕が」、僕はそれだけ言って口を閉じた。僕…