読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界のCNPから

くろるろぐ

射精ってなんか負けた感じがしませんか?

おはようございます。風邪を引きましたが僕は大丈夫です。
高校あたりの教科書に載っている「セメント樽の中の手紙」を書いたことで有名な葉山嘉樹氏が自身の手記の中で「労働者は病気になっちゃいけない」みたいなことを書いてらっしゃるんですが、マジでその通りですね。

さて今回は射精について話そうと思います。風邪を引いているので。

こういう話題が苦手な方は引き返して、バイクの記事とかをお読みいただいた方がいいと思います。

しゃせい【射精】

( 名 ) スル
尿道口から精液を射出すること。性器に加えられる刺激により射精中枢が興奮し、興奮が最高に達すると、反射的に起こる。

[引用: https://kotobank.jp/word/射精-76012 ]

射精。
簡単に言えば、おちんちんが気持ちよくなって精液が出るっていう現象のことであると捉えておけば充分でしょう今回は。

いや、今回僕がお話ししたいのは、射精に伴う「敗北感」についてなんですよ。

例えば人間がパコパコする漫画とかを読んでいると、「オラァ! 気持ちいいんだろ!」とか「すげぇ顔になってるぜw」みたいな感じで、「犯している側」が「犯されている側」に対し強気で接している描写が多く見られます。最近はそうでもないやつも多いけど。

そんで、そうやってパンパン腰を鳴らしながらクライマックスへと向かうわけですが、ここからなんですよ。

「ぐっ……そろそろイくぞ、中に出すからな!」

この辺から。

この「ぐっ」って「気持ちよくなって出す声」ですよね。換言すれば「今まで強気で当たってきた「犯される側」に「気持ちよくさせられて」出す声」なんですよね。

「うっ出る出る……っ!」あたりで漫画の場合は「犯される側」のイキ顔や性器から溢れ飛び散る液体へと視点が切り替わるわけですが、この場面の「犯している側」って、「気持ちよくさせられて」かなり情けない姿をしているわけなんですよ。

AVなんかだと更に顕著ですよね。「あっあっ……」「いくいく……」みたいな声を平気で出す人とかいますし。

なんだろう……いや、なんだろう? さっきまで「オラァ!」とかやっていて優位にいた側が、このとき急に弱体化してしまうような感じがするんですよね。
射精の瞬間、出す側と出される側の立場が逆転するかのような。一種の転回というか、カタルシスというか。

その敗北感みたいなものが賢者タイムの原因のひとつになっているのでは? なんてことも思いました。

なんかさ、勝ちたくないすか? 「ケッ豚みてえな声で鳴きやがって、こっちは全然イケなかったってのによ」みたいな……あっでもこれただの遅漏だ……けどなんか「イかされる」ってのも悔しいというか情けないというか……あっダメだこれ分からなくなってきました。セックス!

だからなんだよって話なんですが、そういうわけで「射精」に敗北感を感じるという話でした。