世界のCNPから

くろるろぐ

へけっ

徒然なるままにツイッターを眺めていたら、久々に「ぼっさんコラ」と呼ばれるコラ画像が流れてきたので、ふと過去のことを思い出してしまった。

 

ぼっさん

ぼっさんとは編集

 

 

なぜこの「ぼっさん」を見ると過去を振り返ることになるのかというと、かつての知り合いに「ぼっさん」とかなりよく似た男がいたからである。髪型、体型、服の趣味までよく似ていた。一時期はそいつのあだ名が「ぼっさん」になっていたくらいだったし、本人も「でちゅわ」と語尾につけていたくらいだった。

 

もう3年間は会っていない。

 

3年前に会ったのは、たまたまそいつの誕生日会が開催されたからだった。当時まだ社交的だった僕はわざわざバイト終わりの体を引きずって会いに行った。思えばあの頃の僕はなぜあんなに社交的でいられたのだろう。高校時代、最も迷惑をかけた相手のうちのひとりである〈偽「ぼっさん」〉に、なぜノコノコと会いに行けたのだろう。

 

〈偽「ぼっさん」〉は本当によくできた人間だった。僕は彼を中学1年生から高校3年生の6年間にわたって見てきたのだが、彼はその間いちどたりとも「黒歴史」を作らなかった。いつでも小馬鹿にしたような笑みを浮かべながら一歩引いたところにおり、それでいて場を白けさせるでもなく、なんだか羨ましいくらいによくできたオタクだった。

元来オタクというのは「趣味にネチネチこだわるあまり、知識や技術や思考回路は見事だけれども交友関係や恋愛関係を上手くやれない人」というものだと思うのだが、彼はそういうタイプの生粋の「オタク」だった。

気の知れた童貞仲間と一緒にいるときは底抜けに明るいのに、クラスの女の子から「お茶一口ちょーだい」なんて言われると一瞬で口ごもって何も喋れなくなる、そういう奴だった。

 

高校時代は〈偽「ぼっさん」〉を中心として何人かの童貞が集まって歓談する、というのが教室での過ごし方のひとつだった。もし僕が何もかもをぶち壊してしまいさえしなければ、そういう歓談の場は今になっても続いていたかもしれない。

 

だから僕は過去を思い出したくないのだった。

 

「あの頃のクロルやばかったよねw」とか、「まだ許してないよw」とか、「メンヘラは進行してるか?」とか、そういう冗談めかした言葉でさえ、僕は怖かった。たぶん冗談じゃないのだ。嘲笑と怨嗟。憤怒と失笑。

「みんなまだおぼえている」という恐怖。

 

たまにやってしまうのだが、今日も高校時代の知り合いたちのツイッターフェイスブックを眺めに行った。みんなそれぞれに苦しみ、それぞれに楽しんで生きているようだった。良かった、と思った。できることなら、本当に本当に僕のことなど忘れてほしい。もう思い出されたくない。過去に学び現在に活かし未来を創る、という理想形を眼差しながらも、罪人である僕は、過去を忘れ現在に生き未来を捨てるしかないのだから。

 

しかし。

みんないい人たちだったなぁ、と僕は、かつての知り合いたちのSNSをストーキングしながらホンノリ微笑んでしまうのだった。

不思議なことに今日の僕は、彼らの生活を覗き見ながら、いつもの骨まで震わせる恐怖だけでなく「みんな元気そうで良かったな」というシミジミした気持ちをも感じている。

それは恐らく今の僕が、彼らの輪から外れたままの状態を保ちつつ、彼らを見ているからだろう。直接的に会話しているかどうかというのはあまり意味を持たない。ただ、感覚として……実感として、「僕はこの人たちの輪の中にはいない」「僕はこの人たちと関われない場所からこの人たちを見ている」という気持ちになっているので、気が楽なのだろうと思う。

ひどく高い建物の上から、地上を見下ろしているような……ふと死んでしまって、幽霊となって生者たちを空中から眺めているような……そういうのんびりとした感情だ。

いつもはこんな風にならないので、今日は体の調子がいいのかもな、あるいは疲れ果てすぎて、本当に魂が抜けてしまっているのかもな、などと考えている。

 

まあ何はともあれ、みんなが幸せになれそうなら、それでいいのでちゅわ。へけっ。

イヤーピースのサイズが合っていないのでは?

しばらく使っていたイヤホンが深い眠りについてしまった。

 

ここ最近、iPodで音楽を聴いているとき、イヤホンジャック周りへ触れると音が小さくなる・何もしていなくてもブツブツと音が切れる、という状態に陥っていた。そして、さすがに限界がきた。仕方なく、あまり金を使いたくないと思いつつNewイヤホンを購入した。

 

買ったのは以下。

 

2000円くらいなのでセーフ。

お約束としてAmazonのリンクを張ってはいるものの、Amazonではなく店頭で買った。

 

余談。

僕はイヤホンを買うとき、大抵は店頭へ行って試聴してみることにしている。

そもそも本体がiPod touch(第4世代) なので、あまりしつこく音質を気にするのはお門違いのような気もする。けれども、何となくとりあえず耳に挿してみてから買いたい。ハイクオリティ・ロークオリティを気にしているというよりは、高い音が目立つか低い音が目立つか、EDMを聴いているときにつらくなってこないか、などの観点で確認しておきたいのだ。あとはちゃんと耳に入るかどうかとか。

 

本題に戻る。

今回買ってみたのはスポーツ向けみたいなタイプのイヤホン。別にスポーツをするわけではないのだけれども、アナル型……じゃなくてカナル型のイヤホンはちょっと引っ張ると耳からズボッと抜けてしまいがちなので(イヤーピースのサイズが合っていないのでは?)、試しに耳へ引っ掛けてみようかなという感じで選んだ。

つけ心地は悪くない、というか、たぶん相当に動いても外れなさそうだというのが感じられる。

それと、僕は一般的なイヤホンでも「コードを首の後ろに回してから耳に挿す」派だったのだが(耳から外れたあとビローンってならないようにするため)、こちらのイヤホンは最初から首の後ろに回すことを想定したコードになっている……んだと思うんだけど……。

ATH-SPORT10 | ヘッドホン | 一般製品 | オーディオテクニカ

装着イメージの爽やかなおじさんもそうしているようだし……。

 

音に関しては、今までのより軽い感じがする(適当なことを言っている)。今までが重低音系だったから(オタクは重低音が好き)、そうでないものに戻した結果というだけのアレかもしれない。

それから、これは買って外で装備してみてから気づいたのだが、外部の音がちゃんと聞こえる。公式サイトによれば「遮音性に優れたイヤピースと外部音が聞こえやすいアクティブフィットイヤピースの2種類を付属」とのことなんだけれども、遮音性に優れた方でも外の音が聞こえる(イヤーピースのサイズが合っていないのでは?)。外界の環境音と音楽とを同時に楽しめる感じがする。音漏れしていないといいんだが……。

 

とりあえずしばらく使っていくつもりだ、壊れるまでは別のものを買う必要もなさそうだ。何だかんだ音楽が聴けないと困るので……。

那須へ行った

那須へ行った。

f:id:CNP:20181111230600j:image

 

社の偉い人が那須ハイランドパークの入場無料券・アトラクション乗り放題割引券をくださったので、せっかくだから行ってみようということで某と一緒に遊びに行くこととした。

 

しかし僕は「那須塩原」が東京からどれほど離れているかイマイチ把握していなかった。日帰りで余裕っしょという軽いノリでいた。それが今回の悲劇の根本的な原因であった。

 

朝、9時ごろに某邸を出発した。そもそもこの時点で遅すぎたのだが、僕特有の楽観的態度が危険から目を逸らさせていた。

 

もちろん、新宿あたりから新幹線を使って移動したなら、那須塩原駅までは1時間半で着くはずだった。しかし、某邸は少なくとも新宿周辺ではなかった。そこが計算違いの始まりであった。

 

電車に乗って行くこと、3時間半。

さらにそこから、某の運転する車で1時間。

 

情けなさでいっぱいだった。

まず電車の時間が長すぎた。モンハンをして時間を潰したものの、それでも長かった。

また僕は普通免許を持っていないのでこうするしかなかったとはいえ、運転の全てを向こうに任せながら自分はのうのうと助手席に収まっているというのが、信じられないほどつらかった。バイクなら後ろに乗せられるぞ、と主張してもみたのだが、絶対に嫌だと断られた。

 

途中で昼飯を食って、罪悪感に満たされつつ那須ハイランドパークへ到着。

 

f:id:CNP:20181111230715j:image

これは空。

 

f:id:CNP:20181111230750j:image

これは薔薇。

 

この時点ですでに15時ごろ。ちなみに閉園は16:30であった。もう何しに来たんだよという話だった。

とはいえここまで来てしまったので、何とも言えない表情を浮かべたままの某を誘って入園口に向かい、例の割引券を受付へ出した。すると受付嬢がこう言った。

 

「ただいま半額キャンペーンをやっておりまして、この割引券を使わない方がお安いのですが、割引券をご利用になりますか?」

 

???

 

使うわけねえだろ……

 

そもそもが割引券を使うための小旅行だったというのに、この展開は衝撃的だった。こういうのを日本語でグダグダというのであった。

ともかく乗り放題券を普通に半額で購入し、割引券をカバンへしまい込み、入園した。

 

 

f:id:CNP:20181111230856j:image

某はこの景色をいたく気に入り、「他はどうあれここはいいと思う」と絶賛していた。なお他は。

 

よくわからない迷路探検アトラクションで遊んだのち、観覧車に乗った。

 

f:id:CNP:20181111233255j:image

これは観覧車から見下ろした景色。

 

あとは古めかしいゲーセンへ行き、取れもしないニンテンドースイッチを取ろうとして笑ったりなどした。

 

なんと、園内のエピソードはこのくらいしかない。

 

帰りも某の運転で駅まで戻り、そこから3時間半かけて某邸の最寄り駅まで戻った。

 

某は終始暗い顔をしていて、「見積もりが甘かった」「失敗した」「ごめん」と繰り返していた。僕はつらかった。見積もりが甘かったのも失敗したのも謝らなきゃいけないのも僕だった。けれど、僕は何だかんだ楽しかったのだ。そこが本当に苦しかった。

楽しかったと思っていたのは僕だけで、向こうにとっては「失敗」でしかなかったのだと、向こうにとっては「失敗」でしかなかったのに、僕だけが楽しんでしまったのだと、思った。

 

こういうのは禁句であるということを重々承知の上で、「楽しくなかった?」と聞いた。某は目を泳がせながら「タノシカッタヨ」と答えた。

 

次は一泊旅行でプランを組もう、そして一刻も早く普通免許を取ろう、と僕は心から決意した。

僕の胃は空っぽで、明日もまた出勤日で

もうここのところずっと、僕と仲のいいA先輩が、B上司から「もう何もしてくれなくていいです。余計こんがらがるので」「あなたにしてもらえる仕事なんてありません」「早く帰って」「何を聞かれても「わかりません」と答えて俺に回して」などと虐められていたのだが、ついに上層部が動き、A先輩が僕のいる部署へ、僕の部署にいたC上司がA先輩のいた部署へ、交換する形で異動することとなった。これはよかったと思ったのも束の間、無理のある急な異動により、C上司の所属が曖昧になって給料の出所がなくなったり、A先輩に振るための仕事がなかったりして、かなりの動揺が走っている。ちなみに異動といっても僕の部署と先輩がかつていた部署とは机ごしに向かい合っているので、要するに互いの姿を見ながら仕事しなくてはならないという状況は変化していない。僕は今日この状況において、人間社会の汚らしさと惨たらしさを目の当たりにした。例えばこんな事件があった。A先輩は仕事を振ってもらえないので本当に手が空いてしまい、他部署ではありながらも優しく接してくれるC上司に「何か手伝えることはありませんか」とこっそりメールした。ところがこのC上司は(僕が最初から睨んでいた通り)とんでもない人間で、そのこっそりしたメールを、A先輩の直属の上司であるB上司、僕の直属の先輩であるD先輩、僕、に見せびらかすと、「何のつもりなんだ」と憤り、そして嘲笑った。B上司はB上司で「何様のつもりなんだ、仕事なら与えている」と逆上した。D先輩は「Aさんの仕事ぶりが雑なのでこっちの部署に来られたところで大事な作業は頼みたくないんです」と放言した。当のA先輩はといえば、B上司によってとっとと帰れと命じられ、新人の僕よりも早く帰らされていた。意気投合してA先輩の悪口を放ちつづける彼ら。とはいえ、D先輩はC上司のことが大嫌いでいつも陰口を言っているし、B上司はD先輩のこともしつこく叱っているし、誰一人として仲良くなんてないのだ。それが全員揃うと、まるで気の合う仕事仲間みたいに笑い合い冗談を言い合うのだ。怖い、と思った。心から恐怖した。こんなこと世の中にはよくあることだ、俺も経験したことあるよ、なんてお思いの方も多いことだろう。僕もこんなこと、どこにでもあるようなことだと思う。アタマでは。しかし現場に直面し、無力な自分を自覚し、先輩のことを心配していると、僕のような弱者は冷静なアタマでいられない。僕自身も陰口を叩かれているということはこれでほぼ確定した、なんといっても僕は役立たずだから、悪口を言われる理由なら山ほどある、よって今後の言動には慎重になろうと決意した。しかし今回の僕の恐怖はそれよりも、何だかんだ言われていてもさすがに自分がここまで嫌われているとは気づいていないらしいA先輩が、次にどんな言動を起こすか、それによってB上司・C上司・D先輩が陰で何を言い合うことになるのか、ということに対する恐怖だった。例えばD先輩はC上司のことが大嫌いなのだが、C上司はそれに気づいていないので、D先輩に対し説教をすることがある、するとD先輩はその場では半笑いで聞いているのだが、C上司が立ち去ると同時に舌打ちするのだ。僕はそういう現場を見てきた。そういうことをされる場なのだ。実はA先輩も既にそうやって陰で言われている。そしてこの体制変化に応じて、A先輩はますます標的となってしまうだろう。けれどA先輩自身はそれにおそらく気づいていない。少なくともC上司のことは信頼しているようだし、D先輩とも仲がいいと思っているようだ。僕は怖い。本当はA先輩に、そいつらは敵です、離れて、僕と一緒に逃げましょう、なんて言えたらいいのかもしれない。しかし、「あなたは嫌われています」なんて言えるはずもない。それはそうだ。でも、でも、このままにしておいたらA先輩はどんどん…………と、ここまで考えて、僕はこれがいつもの「頼られたがり」なのかもしれないと思った。僕はA先輩を助ける自分に酔いたいだけなのではないかと疑った。といっても、今はそんなことを気にしている場合じゃない、とも思った。要はいろんなことを思いすぎて、僕はまたしても嘔吐した。こんな部署にいられるか、などと叫んでその場を離れて、そのまま惨殺されてしまいたい。しかし僕の死は即ちA先輩の最後の味方の死であるから、この件において僕の死はあまり正しい選択肢ではないんじゃないかと思う。僕にできることは現状をもっと偉い上司たちに伝えつづけること、そしてA先輩と僕とで逃げ出す算段を立てることだ。なんてキメてみせたけれど本当はA先輩もこの状況に気づいていて、敢えて耐えているのかもしれない、A先輩はそういうところのある人だ、だからこそ僕はA先輩のことを好いているのだった、そして助けたいのだった。助ける? 何をもって「助かった」ということになるんだろう。思考回路の何もかもが散り散りで、僕の胃は空っぽで、明日もまた出勤日で、僕は彼らに、あの彼らに元気よく挨拶しなきゃならないのだった。

人間はゴミムシを救えるが、ゴミムシは人間を救えない

思えば僕は、昔から「誰かに頼られる」ことがなかった。

 

僕の周囲の人々は、いつも僕以外の誰かに悩みや憂いを相談していた。僕の周囲には常に何となく「相談役」として人々から重用される人というのがいたのだが、それは僕ではなかった。

幼い時分、僕が相談事の場に混ざろうとしているのを見かねた誰かが、僕の腹を蹴飛ばして輪から追い出したこともあった。

一緒にいる人々が意味ありげに目配せをして、僕だけがその意味を図りかねたままでいる、という状況などしょっちゅうだった。

両親は僕にだけ内密にしたまま離婚届を提出した。離婚届の写しを見ると、そこには両親の名前以外に、母の弟の名前と、妹の名前とがあって、僕の名前はなかった。

「僕にだけ知らされていないこと」というのが山ほどあった。

 

何故だろうと考えてみると、答えは意外と単純明快なような気がする。

すなわち、僕自身に余裕がないために、あるいは余裕がなさそうに見えるために、他者が気を遣って……もしくはより大きな面倒事になってしまうのを嫌って……僕を相談相手役から外していたのではないだろうか、というのがひとつ。

そうでなければ、僕自身に強いところがないために……寄りかかれば倒れてしまいそうに見えるために……他者が「こいつは頼れる相手じゃなさそうだぞ」と判断していたのではないだろうか、というのがひとつ。

さらには、僕の面倒臭いばかりで役に立たない思案癖や妄言癖が、他者の悩み事をむしろ増長させかねない……ということを、他者によってシッカリ見透かされていたという可能性もある。

 

要は、みんな僕の弱さを看破していて、助けを求めるに相応しくない相手だと判断していたのだろう。

 

しかし。

僕は自分を多くの人々に助けられながら生きてきた存在だと思っているし、今だって他者に頼りっきりのベタベタのガタガタでやっと生きている存在だと思っている。自分ひとりじゃ何もできないゴミムシでありながら、文学や哲学の真似事を喚いて、支えてくれている人々に不快感を与えている、それだけでもう他者にベッタリだと言っていい。

だからこそ、本当は恩返しをしたい。人々が僕に与えてくださっているものをお返ししたい。僕はゴミムシだけれど、ゴミムシなりにやってきたつもりであって、何かしら役に立てるはずなんだ。お礼をさせてください。よろしくお願いいたします。

 

 

フフフフ。

……こういうタイプのゴミムシ……つまり、「頼りにされたい」という自己愛に満ちたゴミムシは、詐欺のターゲットに最適だ。何しろどんな形であれ、頼られることを渇望しているのだから。

ネ。

チラとでも頼られたら図に乗って、相手を徹底的にドン底まで救おうとして、でも土壇場で逃げ出して、別に自分がいなくても相手はやっていけるのだというのを何度も目の当たりにして、それでもまた頼られたいと思ってしまう、病的なまでの頼られたがり……英雄癖……人望渇望狂……その生き方が、一体どれほどの人間を苦しめ、傷つけ、泣かせてきたことか……どれほどの罪悪であったことか……

 

止そう。

 

努力しつづけてきた人が、愛される権利のある人が、「頼りたい」「愛されたい」と苦しんでらっしゃるのをよく見かける。僕は本当に痛ましく思う。そういった人たちというのはどこまでも救われる権利のある人たちだ。僕はそういう人たちが頼れるような存在になりたく思うし、そういう人たちを慈愛の念で少しでも支えたく思う。

つまり僕の場合は逆なのだ。頼られたいし、愛したい、おそらくそれが僕なのだろう。

 

とはいえ僕はゴミムシなので、頼られないし、愛させてもらえない。

 

つい最近まで、恋人が僕に仕事上の悩みを打ち明けたり食事をねだったりしてくれていた。その間の僕の充実感といったらなかった。やっとのことで人から頼られた、しかも相手は恋人だ、ということで、可能なかぎりの手を尽くして相手を鼓舞したり慰撫したりしたつもりだった。しかしあの子はここのところ、また自立を志す態度に戻ってしまった。未だ苦しんでいるようでありながらも、僕に対する口数を減らすようになってしまった。

……というのを物寂しく思うと同時に、僕は僕自身にゾッとした。

 

僕は恋人を救おうとしているのじゃない、恋人を救う自分に酔いたいだけだ。僕は他者を支えようとしているのじゃない、他者の支えとなれる自分を誇りたいだけだ。恋人の、相手の、他者の感情を度外視した、どこどこまでも自分本位の自己中心主義。誰も僕に頼りたがらない理由は、むしろここにあるのかもしれない。

 

 「相談役」になれないばかりか人の輪からも蹴り出され、家族離散の瞬間にすら立ち会わせてもらえなかった頼り甲斐のないゴミムシ。恋人ひとり守れないゴミムシ。恋人に依存するゴミムシ。人間に救われる一方、人間に虫害をもたらすゴミムシ。人間はゴミムシを救えるが、ゴミムシは人間を救えないのだった。