読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界のCNPから

くろるろぐ

バイクを修理したら原付になった

おはようございます。
このたび僕の愛車・MT-03がリコール対象となりました。


(参考: YZF-R3A、YZF-R25、YZF-R25A、MT320、MT250に関するリコールについて - 重要なお知らせ | ヤマハ発動機株式会社 )


こうなっては仕方ありません。ソロツーリングに行く予定だったのを諦めバイク屋へ向かいました。



どこか寂しげな様子のMT-03。


さて、バイク屋のおじさんに「リコール対象なんですよ、あと前回直していただいたはずのオイル漏れが直っていません」と伝えると、おじさんは「HAHAHA! この程度の修理なんて簡単さ!」と微笑み、魔法のような勢いでバイクを直してくれました。


直った姿がこちら!





































もちろん嘘です。


修理には2日ほどかかるとのことなので、代車を借りた次第です。

電話した時は2時間って言ったのに……と思いつつ、どっちにしろ今日中に終わらないなら僕は月曜まで取りに来られないので焦らなくていいですと片手を振っておきました。あと前回直していただいたはずのオイル漏れが直っていませんと再度お伝えしました。

というわけで今回は原付になってしまったMT-03……もとい、バイク屋から借り受けた125ccスクーターであるところの「YAMAHA アクシス トリート」に乗った感想を書いていこうと思います。


通勤や市街地にジャストサイズなシンプルボディ。快適性と手頃な価格が魅力の125ccスクーター
メーカー希望小売価格
226,800円 [消費税8%含む](本体価格 210,000円)

(参考: アクシス トリート - バイク・スクーター | ヤマハ発動機株式会社 )

  • 洗練された見た目

僕が普段乗っているMT-03は黒一色、「大都会のチーター」をコンセプトに作られたドチャクソ・スタイリッシュ・ネイキッドです。

しかし今回お借りしたアクシストリートも負けていません。流れるような流線型のボディはまさに「都市近郊の原付」。乗った瞬間に気分はスーパーへ向かう主婦のそれへとシフトします。

普段の僕は周りからの視線を感じると「いいバイクだろ……俺のなんだぜこれ……」という気持ちになるのですが、今回は視線を感じるたび「今日は隣町のスーパーで卵が半額なのよ〜」という気持ちになりました。

  • 操作がシンプル

スクーターなので足は使わず、右手のスロットルが全てを担ってくれます。簡単!
帰り道の間じゅう僕は止まろうとして右足に力を込めたりシフトアップしようとして左足の爪先を立てたりしました。ファック。これは慣れが必要です。

  • センタースタンドなので安心

MT-03はサイドスタンドしかないので強風の際に倒れることがあります。

(参考資料: 買って間もないころ)

しかしアクシストリートは二本足でしっかり立てるセンタースタンド! これは安心!

コツを掴むまでバイク屋の前で散々練習し、店員さんに「教習でやったはずでは?(呆れ)」と言わしめました。

  • ものをしまえる

MT-03はキラキラ・スタイリッシュ・ネイキッドなので前面はもちろんシート下の収納もスマホすら入らないくらいの大きさしかないのですが、アクシストリートは違います。なんとサイトによればシート下は22Lの大容量トランク。


ヘルメットをしまっておくこともできます! これは助かる!


蓋が閉まらなかったので取り出しました。

  • 軽い

MT-03が165kgなのに対しアクシストリートは110kg。軽いので引き起こしも簡単。ちなみに事故ったらすぐ連絡するよう念を押されています。

  • 安全運転

スピードを出したくても出せません。必然的に安全運転を楽しむことができます。


いかがでしたでしょうか。
スクーターのよさがいくらかでも伝わったなら幸いです。MT-03頼むから早く直ってくれ。

座薬は神だが腹にくる

指の痛み 腹の重み
アヌスを越えていけ

クロルです。頭痛を起こしました。


支離滅裂で申し訳ありませんがとりあえずこんな感じでした。僕はもともと頭が痛くなりやすい方ではあったんですが、最近はそうでもないなーと思っていたところへ超ド級の痛みが降臨しました。

んで自分なりに原因を考えたんすけど恐らく、ここ数日レジュメ作成とレポート執筆と絶対に落とせないテストの勉強とのために栄養ドリンクとレッドブルを併用して深夜まで起きていたせいじゃないかと。

やっぱね、人は寝ないとダメなようにできているんですよね。

割とマジに救急車を呼んでほしかったんですが、祖母が救急車はねーよと言うのでなるほどねという感じで寝ておきました。

ばあちゃん「はいはい、とりあえずこの時間じゃ医者は開いてないから諦めてね。お父さんが帰ってきたら頼んでみましょうね」(別室でテレビを見始める)

これが元看護師の態度かよ!

そんで父親が散歩から帰ってきて、とりあえず救急車はねーよと言いつつ夜間外来のある医者を探そうとして、1件かけたら「とりあえず街の医者に診てもらえ」と言われたらしく(この時間に開いてないからかけたんだよなぁ)、諦めて母親から座薬をもらってきてくれました。

日頃の行いは大事です。家族や友人や恋人には普段から優しく接しておきましょう。じゃないと死にかけたときに勢い余ってそのまま死ぬこととなりますからね。僕は本当に日頃の行いが悪いので体調を崩すとマジで孤独を強く感じる羽目になるんですよね。
僕としては体調不良の人間はデロデロに甘やかすべきだと思っているんですけど、僕の周りの人は基本的に僕の体調不良を見ても草を生やすか冷酷に対応するか無視するかって感じで世間の厳しさを教えてくれます。僕が普段からまともに生きていればこんなことにはならないんだろうなぁつらいなぁ。世の中には4種類の人間がいます、体調不良を心配してもらう権利のある人、体調不良を心配してもらう権利のない人、数を数えられない人、です。

さて、ここからは座薬を入れる際のポイントについて事細かに描写してもいいんですが食事中の方もいらっしゃると思うので四つん這いがいいぞとだけ言い残して筆を置かせていただきます。

あ、頭痛は良くなってきましたよ。

工場夜景を見に行った

こんばんは。クソ眠いから手っ取り早く行きます。

本日、神奈川県は川崎市、浮島ってところの工場地帯で夜景を見てきました。

日本触媒浮島工場」「東燃ゼネラル石油」みたいな工場の並んでいる地帯です。

うまく説明しづらいのですがグーグルマップに「35°31'34.3"N139°46'40.1E」と入力して向かうと、


こう、踏切を渡って右に行けるところに行き着くんですよ。その先は両側に工場がデーンってなっている道です。数百メートルで行き止まりになる感じです。垂涎モノでした。

他にも写真を撮っている人がいたので人気スポットらしいですね。

僕はiPhoneしか持っていないので画質がゴミで本当に泣きたくなりましたが写真を上げておきます。Photoshopは神。

また行きたいと思います。カメラが欲しいんだよなあ。

射精ってなんか負けた感じがしませんか?

おはようございます。風邪を引きましたが僕は大丈夫です。
高校あたりの教科書に載っている「セメント樽の中の手紙」を書いたことで有名な葉山嘉樹氏が自身の手記の中で「労働者は病気になっちゃいけない」みたいなことを書いてらっしゃるんですが、マジでその通りですね。

さて今回は射精について話そうと思います。風邪を引いているので。

こういう話題が苦手な方は引き返して、バイクの記事とかをお読みいただいた方がいいと思います。

しゃせい【射精】

( 名 ) スル
尿道口から精液を射出すること。性器に加えられる刺激により射精中枢が興奮し、興奮が最高に達すると、反射的に起こる。

[引用: https://kotobank.jp/word/射精-76012 ]

射精。
簡単に言えば、おちんちんが気持ちよくなって精液が出るっていう現象のことであると捉えておけば充分でしょう今回は。

いや、今回僕がお話ししたいのは、射精に伴う「敗北感」についてなんですよ。

例えば人間がパコパコする漫画とかを読んでいると、「オラァ! 気持ちいいんだろ!」とか「すげぇ顔になってるぜw」みたいな感じで、「犯している側」が「犯されている側」に対し強気で接している描写が多く見られます。最近はそうでもないやつも多いけど。

そんで、そうやってパンパン腰を鳴らしながらクライマックスへと向かうわけですが、ここからなんですよ。

「ぐっ……そろそろイくぞ、中に出すからな!」

この辺から。

この「ぐっ」って「気持ちよくなって出す声」ですよね。換言すれば「今まで強気で当たってきた「犯される側」に「気持ちよくさせられて」出す声」なんですよね。

「うっ出る出る……っ!」あたりで漫画の場合は「犯される側」のイキ顔や性器から溢れ飛び散る液体へと視点が切り替わるわけですが、この場面の「犯している側」って、「気持ちよくさせられて」かなり情けない姿をしているわけなんですよ。

AVなんかだと更に顕著ですよね。「あっあっ……」「いくいく……」みたいな声を平気で出す人とかいますし。

なんだろう……いや、なんだろう? さっきまで「オラァ!」とかやっていて優位にいた側が、このとき急に弱体化してしまうような感じがするんですよね。
射精の瞬間、出す側と出される側の立場が逆転するかのような。一種の転回というか、カタルシスというか。

その敗北感みたいなものが賢者タイムの原因のひとつになっているのでは? なんてことも思いました。

なんかさ、勝ちたくないすか? 「ケッ豚みてえな声で鳴きやがって、こっちは全然イケなかったってのによ」みたいな……あっでもこれただの遅漏だ……けどなんか「イかされる」ってのも悔しいというか情けないというか……あっダメだこれ分からなくなってきました。セックス!

だからなんだよって話なんですが、そういうわけで「射精」に敗北感を感じるという話でした。

ローストビーフ丼を食べたい

僕の大学には昼休みの時間にローストビーフ丼を提供する車が来ることになっている。
今日も来た。

外のベンチにひとり腰掛けふりかけご飯を頬張る僕の鼻へ、ローストビーフ丼は容赦なく攻撃をしかけてきた。目を逸らすことはできても、鼻は塞いでおくわけにいかないのだ。

車の前には学生たちが長蛇の列を形成していた。

「お前、金ないって言ってなかった?」
「マッマにお小遣いちょーだいって言った」

秋の風は冷たいのに、香りだけ妙に暖かかった。

ローストビーフ丼は1杯650円。
僕の財布にあるのは500円。


ローストビーフ丼を食べたい。