世界のCNPから

くろるろぐ

iPhone 8 Plusの自慢をするから聞いてほしい

こんにちは。バイトの名札を付けたまま帰宅していたことにたったいま気付いたクロルです。

 

さて本日はタイトルの通り、✧iPhone 8 Plus 256GB スペースグレイ✧の自慢をさせていただきたいと思います。

 f:id:CNP:20170922183542j:image

これは昨日大騒ぎしていた「iCloud復元が終わらない事件」の一幕を収めた写真です。ここから1時間ほど待ったのち諦めて再起動をかけたら起きました。

 

さて予め言っておくと、僕はiPhone 5SからiPhone 8 Plusに飛んだ人間です。

つまり、「そこはiPhone 7と同じだぞ」みたいな部分にもいちいち驚いています。その点はご了承ください。 

iPhone 8 Plusならではの話(だと思われるもの)をお読みになりたい方は「3.iPhone 8 Plusっぽい部分を試していく」まで読み飛ばしてください。

 


1.発端


そもそもこうなったのは僕の3年もののiPhone 5Sが遂にリンゴループを起こしたことが原因です。

リンゴループとはiPhoneが起動時のリンゴマークを表示したまま固まってしまう現象のことです。(参考: リンゴループ - Google 検索 )


最近ストレージが何故か圧迫された状態になったり電源がいきなり切れたり突然アクティベートを要求されたりiTunesバックアップが取れなかったりとメチャクチャだったので、とうとう寿命を迎えたということでしょう。

正直ずっと愛用してきたのでかなり寂しい上、2017/9/2からiCloudバックアップすら取らせてくれなくなっていたので、だいぶ苦しい感情の中での機種変という感じです。よく頑張ってくれたよ5S。

 

2.とりあえず新しくなったところを楽しんでいく

 

さて、まあそんなこんなでiPhone 8 Plusになったわけなので自慢を始めます。

スペックとかは公式を見てください。僕から言えることはありません。

参考: iPhone 8 - Apple(日本)

余談ですが、サイトがおしゃれになりすぎて父親のPC(Mac OS X Snow Leopard)で画像などが一部表示できなくなりました。電子機器はこまめに買い換えた方がいいみたいです(自戒)

 

とりあえず最初の感想としては「デカイ」

f:id:CNP:20170922183603j:image

左が8 Plus、 右が5S。

5Sと比較しても明らかにデカイです。僕は手が大きい方ではないので、片手で左上のあたりを操作するのはかなり厳しいという感じです。すでに手が疲れはじめています。

 

画面が勝手につく

 

次に(たぶんiPhone 7の利用者の方々も経験したであろう)「画面が勝手につく」という現象と闘う羽目になりました。

5Sからいきなり未来に来たせいで原因が分からず、背面か何かにセンサーがあるのかなとか思ってしばらくわたわたしました。

一応申し上げておくと、「設定」>「画面表示と明るさ」>「手前に傾けてスリープ解除」をオフ、で解決できます。皆さんもうご存知だと思いますけど。

ついでに僕は電源ボタンがどこにあるかさえ分かっていなかったため、「もしかしてこの勝手につくやつだけで生きていかなきゃいけないのか」と思ってめっちゃ悲嘆に暮れました。よく見たら横にあった。

 

ホームボタン


一瞬おおってなったのがホームボタンです。
ホームボタンは「クリック感」を設定できることが分かりました。「設定」>「一般」>「ホームボタン」と進むと「クリックを選択」できますね。3種類の押しごこちから好きなものを選べます。

でもだからと言って「わあ! これで5Sと同じ押しごこち!」とは思いませんでした。こいつはボタンではない。

あと僕は高次元の存在なので「1」「2」「3」の差があまり分かりませんでした。何が違うんですか?

まあ僕はiPodのホームボタンを潰して以来「AssistiveTouch」(「設定」>「一般」>「アクセシビリティ」>「AssistiveTouch」をオン、で出現する仮想ボタン)を割と愛用しているので多少はねって感じです。

 

コントロールセンター

 

f:id:CNP:20170923214017p:image
コントロールセンター(下から出てくるやつ)はオシャレすぎてピョエという声が出ました。画面の明るさや音量を調節する部分がオシャレですね。

 

たぶんここまではiPhone 7と変わらないっすよね。分からんけど。

 

 

3.iPhone 8 Plusっぽい部分を試していく

さて、発売日当日に入手したということで僕には8 Plusならではの使用感を報告する義務があるかと思います。 #ない #しかもそれ昨日だった

 

ガラスみがある


背面がガラスになったので確かにスタイリッシュな感じがします。これ落としたら割れるんちゃうの?

 

と思った瞬間に落としました。

 


保護ケースを買っておいてよかったね!

 

本当に泣きそうになったけど救われました。とはいえそんなに立派なケースというわけでもないのに全く問題なさそうなあたり、多少は丈夫になったんですかね。

あとガラスなのでやっぱり指紋はつきます。スペースグレイだからというのもあると思いますが割と目立ちます(特に背面の鏡みたいなアップルマークのあたり)。

僕はもう保護ケースを買ったので気にしないで生きていくことができますが、生身のまま使う方にとってはちょっと気になるかもしれません。

 

画面がきれい


<s>有機ELになったのできれいです。</s>といっても比較対象が5Sなのでまあそりゃきれいだよねって感じではあります。

※2017/9/23追記: これ有機ELじゃないのかよ。

 

カメラ


個人的にカメラが気になっていたんですよ。よほど自信があるようだったので。
標準のカメラを用いていきます。

 

が、画像サイズがデカいのか、普通に撮ったやつはどうやっても投稿できないので、ポートレートモードとやらで撮ったものを公開します。

f:id:CNP:20170923212435j:image

キレイ!!!

 

いや、まあ周りがこれだけ暗いわりにはいい感じだと思います。

 かつて僕はGalaxyのカメラの美しさに圧倒されたことがあるんですが、この8 Plusなら張り合えるんじゃないすか(適当なことを言っています)。

 

 8 Plusならではみたいなやつはこんなもんかな? と思うんですがどうですか。FaceIDはXの話だし。

 

他にもこれが気になる〜とかこれをやってみろ〜とかあったらご連絡くだされば試してみます。

ただし「ビルの屋上から落としてみろ」とか「ケツの穴に挿れてみろ」とかはお断りさせていただくことがあります。

 

まとめ


いかがでしたか。僕としては5Sくんが生きている状態で機種変したかったのでそこが心残りですが、この新たなiPhoneとうまく付き合っていこうと思います。
機種変を迷っている方のお役に立てれば幸いです。


まずはデカイ画面に対応できるよう手を大きくしていこうと思いました。

【小説】「豪雨」

「私がなんで怒っているか分かる?」

 

彼女はアイスコーヒーをスプーンでかき混ぜながら僕の目を覗き込んでいた。彼女が怒っているということにさえ僕は気づいていなかった。彼女はどんなときでも微笑んでいた。

 

「僕が」、僕はそれだけ言って口を閉じた。僕が悪いということは分かっていた。けれど僕はあまりにも悪いことをしすぎていて、もはやどれが彼女の怒りを買ったのか分からないところまできていた。

 

彼女の口角はまだ上がっていた。大きな目が店内の白熱灯の光を受けてきらきら輝いていた。彼女はおそらく泣いていた。彼女は涙を流さずに泣くことのできる人だった。

 

「やめようか」

しばらくして彼女はそう呟くと、アイスコーヒーのグラスを手にさっと立ち上がった。僕も一拍遅れて彼女に続いた。僕は答えを出せなかった。このときも、そして今も。

 

「ねえ、私がなんで怒っているか分かる?」

彼女は時折この質問を僕へ投げかけた。けれど僕は一度だってそれに答えてやれなかった。僕の肉体も僕の精神も僕の存在そのものも、すべてが彼女を怒らせているような気がした。一方で、彼女は実のところ何も怒っていないながら僕が何かしら口を滑らせるのを待っているようでもあった。

 

店の外は思いのほか寒く、叩きつけるような豪雨に濡れていた。僕は自分の傘をさした。彼女も自分の傘を取り出した。僕らはそれぞれの傘に守られながら水浸しの街を歩いた。彼女は何も言わなかった。この雨の中で何かを言ったとて、互いに何も聞こえないだろうというのが分かっていたのだ。

 

「あなたはさ」

駅の改札口の横で、彼女はふと思い出したような声色で言った。

「私といて楽しい?」

唐突な問いだった。僕は咄嗟に首を縦に振った。当たり前じゃん、楽しいよ、好きだから、率直な言葉が舌の上をいくつも滑っていった。

「そう」

彼女はいつものように微笑んで、それだけ返した。

あなたは?

僕が問い返すと、彼女は微笑んだまま、――本当にそうだったろうか? 僕は彼女の微笑を正しく見分けていただろうか? 本当はそこに何か重大なものがあったのではないか? ――形のいい唇を開いた。

「さあ」

彼女はそれ以上の何事も僕に言わせてはくれなかった。手をひらりと振って、踵を返して、彼女は改札の向こうへ吸い込まれていった。拒絶するような彼女の背中が僕の目に焼き付いた。

 

あれから僕らは何年も一緒にいる。それでも、彼女がなぜ怒っているのか、僕には未だ分からないままなのだ。

f:id:CNP:20170601130902j:plain

――

作者は彼らの姿を見て長い嘆息を漏らした。そして肺中の空気を吐き出したかと思われるほどの溜息を吐き終えると、誰に聞かせるでもなく、ポツリと呟いたのだった。

 

「私がなんで怒っているか分かる?」

 

バイクを修理したら原付になった

おはようございます。
このたび僕の愛車・MT-03がリコール対象となりました。


(参考: YZF-R3A、YZF-R25、YZF-R25A、MT320、MT250に関するリコールについて - 重要なお知らせ | ヤマハ発動機株式会社 )


こうなっては仕方ありません。ソロツーリングに行く予定だったのを諦めバイク屋へ向かいました。



どこか寂しげな様子のMT-03。


さて、バイク屋のおじさんに「リコール対象なんですよ、あと前回直していただいたはずのオイル漏れが直っていません」と伝えると、おじさんは「HAHAHA! この程度の修理なんて簡単さ!」と微笑み、魔法のような勢いでバイクを直してくれました。


直った姿がこちら!





































もちろん嘘です。


修理には2日ほどかかるとのことなので、代車を借りた次第です。

電話した時は2時間って言ったのに……と思いつつ、どっちにしろ今日中に終わらないなら僕は月曜まで取りに来られないので焦らなくていいですと片手を振っておきました。あと前回直していただいたはずのオイル漏れが直っていませんと再度お伝えしました。

というわけで今回は原付になってしまったMT-03……もとい、バイク屋から借り受けた125ccスクーターであるところの「YAMAHA アクシス トリート」に乗った感想を書いていこうと思います。


通勤や市街地にジャストサイズなシンプルボディ。快適性と手頃な価格が魅力の125ccスクーター
メーカー希望小売価格
226,800円 [消費税8%含む](本体価格 210,000円)

(参考: アクシス トリート - バイク・スクーター | ヤマハ発動機株式会社 )

  • 洗練された見た目

僕が普段乗っているMT-03は黒一色、「大都会のチーター」をコンセプトに作られたドチャクソ・スタイリッシュ・ネイキッドです。

しかし今回お借りしたアクシストリートも負けていません。流れるような流線型のボディはまさに「都市近郊の原付」。乗った瞬間に気分はスーパーへ向かう主婦のそれへとシフトします。

普段の僕は周りからの視線を感じると「いいバイクだろ……俺のなんだぜこれ……」という気持ちになるのですが、今回は視線を感じるたび「今日は隣町のスーパーで卵が半額なのよ〜」という気持ちになりました。

  • 操作がシンプル

スクーターなので足は使わず、右手のスロットルが全てを担ってくれます。簡単!
帰り道の間じゅう僕は止まろうとして右足に力を込めたりシフトアップしようとして左足の爪先を立てたりしました。ファック。これは慣れが必要です。

  • センタースタンドなので安心

MT-03はサイドスタンドしかないので強風の際に倒れることがあります。

(参考資料: 買って間もないころ)

しかしアクシストリートは二本足でしっかり立てるセンタースタンド! これは安心!

コツを掴むまでバイク屋の前で散々練習し、店員さんに「教習でやったはずでは?(呆れ)」と言わしめました。

  • ものをしまえる

MT-03はキラキラ・スタイリッシュ・ネイキッドなので前面はもちろんシート下の収納もスマホすら入らないくらいの大きさしかないのですが、アクシストリートは違います。なんとサイトによればシート下は22Lの大容量トランク。


ヘルメットをしまっておくこともできます! これは助かる!


蓋が閉まらなかったので取り出しました。

  • 軽い

MT-03が165kgなのに対しアクシストリートは110kg。軽いので引き起こしも簡単。ちなみに事故ったらすぐ連絡するよう念を押されています。

  • 安全運転

スピードを出したくても出せません。必然的に安全運転を楽しむことができます。


いかがでしたでしょうか。
スクーターのよさがいくらかでも伝わったなら幸いです。MT-03頼むから早く直ってくれ。

座薬は神だが腹にくる

指の痛み 腹の重み
アヌスを越えていけ

クロルです。頭痛を起こしました。


支離滅裂で申し訳ありませんがとりあえずこんな感じでした。僕はもともと頭が痛くなりやすい方ではあったんですが、最近はそうでもないなーと思っていたところへ超ド級の痛みが降臨しました。

んで自分なりに原因を考えたんすけど恐らく、ここ数日レジュメ作成とレポート執筆と絶対に落とせないテストの勉強とのために栄養ドリンクとレッドブルを併用して深夜まで起きていたせいじゃないかと。

やっぱね、人は寝ないとダメなようにできているんですよね。

割とマジに救急車を呼んでほしかったんですが、祖母が救急車はねーよと言うのでなるほどねという感じで寝ておきました。

ばあちゃん「はいはい、とりあえずこの時間じゃ医者は開いてないから諦めてね。お父さんが帰ってきたら頼んでみましょうね」(別室でテレビを見始める)

これが元看護師の態度かよ!

そんで父親が散歩から帰ってきて、とりあえず救急車はねーよと言いつつ夜間外来のある医者を探そうとして、1件かけたら「とりあえず街の医者に診てもらえ」と言われたらしく(この時間に開いてないからかけたんだよなぁ)、諦めて母親から座薬をもらってきてくれました。

日頃の行いは大事です。家族や友人や恋人には普段から優しく接しておきましょう。じゃないと死にかけたときに勢い余ってそのまま死ぬこととなりますからね。僕は本当に日頃の行いが悪いので体調を崩すとマジで孤独を強く感じる羽目になるんですよね。
僕としては体調不良の人間はデロデロに甘やかすべきだと思っているんですけど、僕の周りの人は基本的に僕の体調不良を見ても草を生やすか冷酷に対応するか無視するかって感じで世間の厳しさを教えてくれます。僕が普段からまともに生きていればこんなことにはならないんだろうなぁつらいなぁ。世の中には4種類の人間がいます、体調不良を心配してもらう権利のある人、体調不良を心配してもらう権利のない人、数を数えられない人、です。

さて、ここからは座薬を入れる際のポイントについて事細かに描写してもいいんですが食事中の方もいらっしゃると思うので四つん這いがいいぞとだけ言い残して筆を置かせていただきます。

あ、頭痛は良くなってきましたよ。

工場夜景を見に行った

こんばんは。クソ眠いから手っ取り早く行きます。

本日、神奈川県は川崎市、浮島ってところの工場地帯で夜景を見てきました。

日本触媒浮島工場」「東燃ゼネラル石油」みたいな工場の並んでいる地帯です。

うまく説明しづらいのですがグーグルマップに「35°31'34.3"N139°46'40.1E」と入力して向かうと、


こう、踏切を渡って右に行けるところに行き着くんですよ。その先は両側に工場がデーンってなっている道です。数百メートルで行き止まりになる感じです。垂涎モノでした。

他にも写真を撮っている人がいたので人気スポットらしいですね。

僕はiPhoneしか持っていないので画質がゴミで本当に泣きたくなりましたが写真を上げておきます。Photoshopは神。

また行きたいと思います。カメラが欲しいんだよなあ。