読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界のCNPから

くろるろぐ

性犯罪者になるのは思ったより簡単かもしれない

独り言

大学が終わって僕は抱えている借金のことを考えながらバイト先へ向かっていた。金がないので昼飯は家で炊いてきた茶碗一杯分の白米でふりかけご飯、夜もうまく眠れなくて寝不足、そんな状態で恋人を訪ねることもできなくて、僕の頭の中は絵筆を洗うバケツの水みたいになっていた。

そんな矢先、僕の横をすり抜けるようにして、女の子が三人、並んで歩いていった。

三人揃って白髪ひとつない射干玉の黒髪を、ひとりはおさげ、ふたりは低いポニーテールにしていた。紺一色のセーラー服だった。膝まであるスカートに、ふくらはぎの下の方だけ覆う長さの白い靴下を履いていた。

僕はiPodを操作して、聴いていた音楽を止めた。

女の子たちは学校であったことを話しているようだった。話の内容はよくわからなかった、ただ笑い声が耳についた。決してお淑やかではない、むしろ下品に類するようなあっけらかんとした笑い方だった。

この娘たちは、と僕は考え始めた。たぶん教室でいつも通り一緒に帰ろうと言い合って学校を出てきたのだ。お互いに当たり前のような顔をして帰路についているのだ。これから寄り道でもするのかもしれない。誰かがコンビニに寄ろうと言い出せば残るふたりは当然のようについていくのだろう。

僕は妙な気分になった。

今ここでこの三人のうち誰かの髪を引っ張って地面に叩きつけたらどうなるだろう。いやそれよりもうまいことやって、ひと気のないところへ呼び寄せたらどうだろう。三人まとめて相手できる自信はないけれど、ひとりをめちゃくちゃにしている間は他の女の子たちを縛っておけばいい。泣いたり喚いたりしてくれるだろうか。それとも思ったほど絶望してくれないものだろうか。笑い話のネタにされるかもしれない、それはそれで悪くないと思った。とにかく少なくとも殴ってみたいと思った、長いスカートと短い靴下との間に見えるふくらはぎへ噛みつきたいと思った、女の子たちが泣けばいいと思った。

いや嘘なのだ。ぜんぶ嘘だ。本当は僕も女子中学生になって女の子たちに混ざりたい。何も疑わずに、みんな仲良しの友達だと信じて、心から笑って、みんなアイスでも食べに行こうよなんて誘ってみたい。女の子たちはいいねって笑ってくれるに違いない、僕はそれを信じて疑わない、晴れた空と春先みたいな気温と、シンライ、ユウジョウ……

そんなことを考えているうちに、女の子たちはいつの間にか道を曲がって何処かへ行ってしまっていた。僕は黙って音楽をかけなおし、バイト先へ急いだ。脳内バケツの水はすっかり真っ黒になった。今日は五時間労働である。

追伸:私小説風にしたかっただけで深刻に病んではおりません、あと性犯罪者にはなりません。

赤髪オタクになりにいった

独り言 オタク脱却への道

はずだったがそうでもなかった。

事の発端

なんとなく「弱そうなオタク」と思われてしまう人生に終止符を打ちたくなったのでテンションに任せてしまった。今は反省している

やったこと

普段だったら絶対話しかけたくないイケイケ・お兄さんと方針を決めていった。
元の髪が黒すぎるのでとりあえず赤っぽく明るくしてもらう運びとなった。本当は紫頭になりたかったけど黒髪からいきなり染めるとなると厳しいものがあるらしい。

そのあと頭を洗われて薬を塗られてもっかい洗われて乾かされて切られた。ちなみにブリーチはしていない。あんまり明るくするとバイトできなくなっちゃうからね、仕方ないね。

結果

なんとなく赤茶色っぽい頭のオタクになった。

f:id:CNP:20161002120520j:plain

「紳士的」に関する私論

独り言

僕はしがないひとりの人間である。

だから僕は童貞全体を代表しようとか、男の言い分をまとめようとか、何かを批判しようとか、そういうことは考えていない。

しかし、思うことがあるので、つらつら独り言を言っておこうと思う。

「『紳士的』行動」

女の子と連れ立って道を歩いている。車道側を歩く女の子の華奢な体を、汚れたワゴン車が掠めていく。
女の子と食事をする。それなりにいい料理で腹が満たされ、そろそろ出ようかという空気になる。
女の子がいかにも重そうな荷物を持って歩いている。

多くの人は、以上の場面を頭に思い浮かべたとき、「昨今の世の中でこういう場面において『男』が期待されている動き」というものを想定できてしまうと思う。
こういう場面に遭遇したことがない人であっても、何となく「ここで『男』はこうしなきゃいけないんだろうな」という「期待」を察することはできてしまうと思う。
咄嗟に想定「しなかった」人でも、想定してみろと言われたら想定「してみることはできてしまう」と思う。

「男」は車道側へ出た方がいい。
「男」は颯爽と飯代を払った方がいい。
「男」は荷物を持ってやった方がいい。

僕は、こういうのが苦手だ。
こういうのを想定できてしまうこと自体が苦手だ。

ありがたいことに僕には僕と遊びに出かけてくれる人というのが男女ともに一定数いる。その中には、女の子に対して「男が期待される『紳士的』行動」を何の疑問もなく起こせる男や、男に対して「男が期待される『紳士的』行動」を何の疑問もなく期待する女の子というのがいる。

僕は、そういうのが苦手だ。
そういうのを当たり前のようにしていること自体が苦手だ。

苦手だ……

どう苦手なのか

僕が以上のような風潮を苦手とするのは、それが「性別と濃密に絡められているから」と、「義務ではないはずなのに義務であるかのように扱われているから」であると思われる。

「男なのだから女を大事にするのは当然」という風潮に則ると以下のようになる。

男だって車に轢かれたら痛い、けど男は女を守らなきゃいけないから……
男だって無限に金を持っているわけではない、けど男は金を払わなきゃいけないから……
男だって重い荷物なんか持ちたくない、けど女を疲れさせてはいけないから……

これを少し言い換えてみたい。

自分だって車に轢かれたら痛い、けど自分は相手を守りたい……
自分だって無限に金を持っているわけではない、けど自分が金を払いたい……
自分だって重い荷物なんか持ちたくない、けど相手が疲れてしまうだろうから……

「性別」と「義務」、これらから離れただけで僕の心はだいぶ楽になった。つまりそういうことなのだ。

男だから女を大事にしなきゃ」という言い方をするから、なんだか何かが台無しになるんじゃないかと思うのである。

扱い方の問題

こう、なんというか、「個人の思いやりからくる行動」と呼ぶべきようなものを、なぜか「男だから」という性別上の義務であるかのように扱って、「男がそうするのは当然」とする、この感じがどうにも苦手なのだ。

誤解しないでいただきたいが、僕にだって思いやりの気持ちはある。車道は危ないとか、このくらい奢ってやりたいとか、荷物くらい持ってやりたいとか、そういう気持ちは素直に持っている。

けれどそれは、「男だから」「女だから」というのとは関係ないものだ。相手が男だろうが女だろうがそれ以外だろうが、僕はまったく同じように、「僕が車道側にいよう」「僕が奢ろう」「僕が持とう」と思う。

そう、他人を思いやりたいのは、「」なのだ。

しかし世の中では、それが「男」と「女」である場合、「男による女への親切」となってしまい、「人による人への親切」とはならない。
「人」と「人」ではなく「男」と「女」とに切り分けることによって何が起こっているのかというと、そこに方向性が生まれてしまっているのだ。

「男から女へ」。「女から男へ」。

「親切」における男女差

また、そこには男女によって役割の差みたいなものが用意されている。
(あんまり上手い例を思いつかなかったのでアイデアを募集します。)

いや、わかっている。こんなものは昔々から「男」「女」に付随するイメージや歴史的価値観によって見出された「役割の差」である。

しかし、しかし。

「人が人にどう親切を示すか」というのが大事なのであって、「男だから(女だから)こうしなきゃいけない」というのが必要なんだろうか? と、僕は思うのである。

というかそもそも性別というのは「男」と「女」だけではない。性自認は千差万別である。まずその時点で「男だから」「女だから」という切り分けは無意味じゃないかと思う。
そしてそういった性自認と個人の主義主張主張とを関連づけること自体もナンセンスなのではないかと思う。自分が何者であろうが、やりたいようにやればいいじゃないか。

勘違い野郎になりかねないのも怖い

これはまた違う話だが、例えば特に恋心を抱いているとかでもない女の子が目の前で突然全裸になり「男の人はこういうの好きでしょ?」などと言い出したら、まぁ僕ならヒエッと叫んでその場を去ると思う。
そこまで極端じゃなくても、例えば女の子に「いきなり頭を撫でられる」とか「いきなり肩を叩かれる」とかして、「男の人はこういうの好きでしょ」などと言われたら、なんというか「ナメないでほしいぷに……」という気持ちになると思う。

要はそういうことだ。車道側を歩いてあげて、もし「なんでこいつ紳士ぶってんの気持ち悪……」みたいなことを思われたらと思うと恐ろしい。

いや、それが「僕の」親切心から起こした行動だったなら、そして相手もそれを承知してくれるなら、傷は浅いのだ。これで僕が「男として」起こした行動であったら、もしくは相手に「こいつ男らしい行動を取ろうとしているけど私はそういうのをこいつに求めるつもりないし」みたいな感情を抱かせたとしたら、それはあまりにも……なんというか、恥ずかしい。

つまり、「男」「女」であることを必要以上に強調すると、それに伴う形でそういう男女関係的な気まずい何かが生まれてしまう気がするのである。僕はそういうのにも耐えられない。

まとめ

もちろんこういう「男だから」「女だから」という価値観に則ることが好きな人は則ればいいと思う。実際そういう人もよく見かけるので、そういう人たちのことを否定したいわけではない。

しかし、「こうだからこうしなければならない」という圧力を世間の風潮によって与えられることで、疑問や苦痛を感じる人間もいるんじゃないか……というところには留意してもらいたいなぁというのが、結局のところ僕の独り言の趣旨である。

僕は僕なりの親切を相手へ贈りたい。
そういうのが(男性名詞であることを離れて、どんな性別の人間でも)「紳士的」なんじゃないかと思う。


とかいう話ばかりしているとナンダコイツと思われそうなので、ここで僕がこないだ撮った急須の写真をご覧に入れよう。
f:id:CNP:20160929160222j:plain

よくない?
ご静聴ありがとうございました。

バイ春クロル2016夏(5) 上り旅程と総まとめ

バイク バイ春クロル

まえがき
前準備・旅費
下り旅程
熊本滞在記

もうチェケラって言わなくていいすか?

上り旅程

帰路はフェリーだったのでフェリーの紹介をします。

  • フェリーの予約をする

Web予約で瞬殺でした。クレジットカードで予め払っておくと受付窓口では確認だけすればよくなります。

  • 乗り場へ行く

f:id:CNP:20160908113640j:plain
北九州-東京だと新門司港からになります。
(福岡県北九州市門司区新門司北1-12)
何も身構えずにバイクで走ってきて、そこにいたおじさんに誘導され、駐輪場に一旦停めました。

  • 受付をする

f:id:CNP:20160908114259j:plain
「17時に2Fで」と言われてホイホイ受付へ行ったら前にいたオッサンがちょっと苦労なさっていた。
僕の場合は(車検証がすぐに出せなくて「車種を答えてくれればいいですよ」と宥められた一瞬を除けば)基本的にすぐ終わりました。んでチケットと、「東京」と書かれたクソダサステッカーをもらいました。


f:id:CNP:20160908114613j:plain

  • 1900 出港

自分で船内の固定する場所まで乗っていく感じでした。ローギア・ハンドルロックを指示されました。
駐車場は4F、客室は5F、展望デッキは6Fといった作りでした。3F以下は何があるんだ。

  • 中身

f:id:CNP:20160908114952j:plain
f:id:CNP:20160908115111j:plain
自販機が充実していますが現金がないと使えません。

f:id:CNP:20160908115020j:plain
テレビでは基本的にオッサンたちが野球とかニュースとかを見ていました。

f:id:CNP:20160908115053j:plain
風呂とトイレ。普通に綺麗ですがハチャメチャに揺れてつらい感じになりました。

f:id:CNP:20160908115224j:plain
f:id:CNP:20160908115239j:plain
f:id:CNP:20160908115251j:plain
現金がマジでなかったので何も食えず、あえおえと遊ぼうと思って買っておいた知育菓子をひとりで作って食べました。


徳島で一時的に降ろしてもらえると思って余裕ぶっこいていたらまさかの降ろしてもらえない展開で、このあと僕はしばらく鬱屈とした気分になりました。

  • デッキに出た

f:id:CNP:20160908115621j:plain
f:id:CNP:20160908115631j:plain

  • 絵を描いた

はっきり言って暇でした。飯も食えないし。

  • 東京に着いた


朝5時からピンポンパンポン言ってガンガン館内放送がかかるので面白かったです。
0540くらいに「お車・バイクと一緒にご乗船の方は〜」などと放送されたのでホイホイ出ていって、そのまま乗って解散でした。一緒に乗ってきた人たちが一斉にバイクで走り出す様はちょっと壮観でした。

総まとめ

お疲れ様でした。

ひょんなことからノリで出発したバイク旅でしたが、何とか無事に……無事……とりあえず死ぬことなく帰宅できました。
高速道路の長時間走行、熊本県の観光、フェリー旅行、それぞれに発見や事件があり、実りある旅行となりました。

バイクは危険な乗り物ですし、めっちゃ事故りますし、何となく悪い乗り物であるように思われがちですが、こうしてどこまでも遠くへ行くことができるという楽しみを知ってしまった以上、僕はしばらく乗り続けるんじゃないかと思います。……今後は人に迷惑をかけないようにしますけど。

疲れが癒えて金が貯まったら、まず壊れた色んな部分を直してから、また何処か遠くへ行こうと思います。

今回の僕の旅行記が他のライダーさんたちのお役に立てば幸いです。皆さん応援ありがとうございました。
んで、スペシャルサンクス・あえおえ。もう散々言ったからいいよな。


バイクで青春しよう! 略してバイ春!

#バイ春クロル 2016夏 〜完〜


バイ春クロル2016夏(4) 熊本滞在記

バイク バイ春クロル

まえがき
前準備・旅費
下り旅程

チェケラ!

熊本滞在の様子

あえおえ(@aeoe39950426)がほぼ全部のプランニングをやってくれたので僕はついていっただけです。謝謝。


初日(9/1)


これを撮影するためにバイクを寄せてウェイウェイしていたら学生たちからめっちゃ注目された。


何も見えねんじゃ。

  • カレー屋

f:id:CNP:20160908110902j:plain
店名を忘れた。辛さ10倍がそれほど辛くなかったので辛いのが苦手な方にオススメです。


2日目(9/2)

  • ナルシストの丘


f:id:CNP:20160908103439j:plain
f:id:CNP:20160908103500j:plain
あえおえがナルシストだから仕方ない。


こういう港にすぐ行けるのサイコーすぎない?

  • 河内温泉

f:id:CNP:20160908104206j:plain
写真がない。

  • お好み焼き屋

f:id:CNP:20160908103714j:plain
あえおえのお気に入りらしいから店名を明かしていいものか悩んだ。めっちゃ美味しかった。

  • なんかおしゃれなとこ

f:id:CNP:20160908103938j:plain
れんにゅう兄貴(@EiM_GTPE_)も合流して優勝した。
れんにゅう兄貴「(メニューを見て)ビーフ with ライス? 牛丼やんけ」


3日目(9/3)


この写真もあるので欲しい方はリプください。


f:id:CNP:20160908105249j:plain
f:id:CNP:20160908105309j:plain
f:id:CNP:20160908105326j:plain
f:id:CNP:20160908105346j:plain
あえおえがシートの汚れを気にするから目立たないようにしてやったぞ。

  • ら〜めん陽向


f:id:CNP:20160908105700j:plain
あえおえが「あの店員さんイケメンじゃね!?」って騒ぎ出した。

  • くまもと文学歴史館


展示室2が閉まっていたのでつらい感じだった。


県道28号線を通って被災地を目の当たりにした。洒落にならないくらい崩壊した家々が並んでいて心苦しい気持ちになった。

  • 熊本城


f:id:CNP:20160908110543j:plain
二の丸駐車場へ入るのに数時間を費やした。青森ねぶたを見て加藤神社に参拝した。



4日目(9/4)

  • タイ料理PinTong


f:id:CNP:20160908111134j:plain
こいついつもカレー食ってんな。


高校時代の友人に「駅のある方が街」と聞いていたが、あくまで「方」であって「駅周辺」のことではないということがよくわかった。

  • ジョイフル渡鹿店


かき氷を食べながら傷の舐め合いをした。しかし舐めようが抉ろうが傷はそこにあるんだよな。


5日目(9/5)

  • 熊本空港


小さいけど国際線も出ているんやな。



ミルクックを当てた。

  • 松原海水浴場


今年もひとりで海へ来てしまった。(毎年どっかしらでやっている)


6日目(9/6)

  • 帰路



フェリー乗り場へ。バイ春クロル2016夏(上り)が始まるのであった。


まとめ

熊本はいいところです。何がいいってまず走りやすい。交通量の多いところはそれなりに地獄でしたが(@車 ウインカーを出せ)、あえおえプレゼンツの静かな道路はなかなかに楽しかったです。直線も曲線も織り混ざっていて練習に最適って感じでした。

東京では何処へ行っても信号と交通量と歩行者と自転車の全てがバイクに対して中指を立てていますので、バイクに乗るなら熊本の方が断然いいと思います。

あと何処へ行っても飯が美味かったです。あえおえが当たりの店ばかり用意してくれたおかげなんですが、そんなに高くない値段で美味いものを食べまくれました。僕は食事を摂らないと死ぬのでありがたかったです。

台風も雨雲も僕の魔力によって遠ざかったり弱体化したりしたので全日程を割と愉快に過ごせました。
端的に言ってサイコーでした。

以上。